認定実務実習指導薬剤師

日本薬剤師研修センターHP抜粋

 1 認定実務実習指導薬剤師制度とは? 
   この制度は、6年制薬学教育制度下の薬学生に対して、医療の現場における実務実習の際に指導に
  当たる
ことのできる薬剤師を認定する制度であります。
   平成17年度から平成21年度までは厚生労働省補助事業として実施され、平成22年度からは日本薬剤
     師研修センター独自事業として実施されております。


 2 認定実務実習指導薬剤師とは?
    認定実務実習指導薬剤師とは、認定実務実習指導薬剤師制度により認定された薬剤師であります。
    認定実務実習指導薬剤には、認定証が交付されます。

    (参考)認定実務実習指導薬剤師認定制度実施要領(日本薬剤師研修センターHP抜粋)

 3 認定実務実習指導薬剤師認定資格要件(実施要領抜粋)
    (1)認定実務実習指導薬剤師となるための基本的素養
      認定実務実習指導薬剤師は、次の素養を有する者とする。
       @十分な実務経験を有し薬剤師としての本来の業務を日常的に行っていること。
       A薬剤師を志す学生に対する実習指導に情熱を持っていること。
       B常日頃から職能の向上に努めていること。
       C実習の成果について適正な評価ができること。

    (2)認定要件
      次の認定実務実習指導薬剤師養成研修をすべて修了した薬剤師であること。
       @ワークショップ形式の研修(受講資格があります)
         一般社団法人薬学教育協議会が認めるワークショップとする。
          なお、平成22年度までに開催された認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ又は
        平成16年度以前の薬学教育者ワークショップを含む。

       A講習会形式の研修(厚生労働省補助事業による講習会を含む。)
         講座ア:学生の指導について
         講座イ:薬剤師に必要な理念について
         講座ウ:実務実習モデル・コアカリキュラムについて
         講座オ:参加型実務実習の実施方法について
          ただし、認定申請の時点から過去5年以内に、病院又は薬局で学生指導に携わった経験を
         有する場合、講座アを免除する。
  
    (3)認定申請
      ○提出書類等
       @申請書(別紙 認定実務様式1
       Aワークショップの修了証(写し)
       B講習会(講座ア、イ、ウ及びオ)の受講証(写し)
       C履歴書(市販の用紙を用いる。)
         最終学歴から現在までの職歴、実務経験が確認できるよう記載すること。 非常勤職員として
        の勤務については、1週間当たりの従事日数及び従事時間数がわ かるように記載すること。
         講座アの免除要件に該当する者は、学歴・職歴の欄にそれが確認できるように記載する
        こと。(市販の用紙で記載スペースが足りない場合は別紙の記載可)
       D返信用通常はがき(認定通知書用) 通常はがき(従前の官製葉書のこと。私製葉書は不可。)
        に、宛先及び宛名を記載すること。
       E認定申請料振込明細の写し

       認定手数料の振込先、手数料は下記のとおりです。
         (1)振込先(郵便振込) 
           公益財団法人 日本薬剤師研修センター
              00130−5−119292
         :郵便局以外の金融機関からの振込の受取口座として利用する際は、
            次の内容をご指定ください。
 
            振 込 先  : 公益財団法人 日本薬剤師研修センター
            銀 行 名  : ゆうちょ銀行
            店   名 : 〇一九店 (読み:ゼロイチキュウ店)
            店   番 : 019
            預金種目 : 当座
            口座番号 : 0119292

 
         (2)認定手数料:5,143円(本体4,762 円+税381円)※振込み手数料は申請者の負担 

     ○申請書提出先:(財)日本薬剤師研修センター

 4 認定実務実習指導薬剤師認定有効期間
    認定の有効期間は、認定証発行日から6年間となります。

 5 更新申請
    (1)更新の条件
      更新申請に際して満たすべき条件は次のとおりとなります。
      @ 6年間の認定期間中に、実務実習生の指導実績が1例以上あること。
       ただし、指導実績がない場合は、ない理由、その間の勤務状況の説明及び今後の指導の見込
       を記載した書類を提出すること。それに基づき委員会が個別に審査する。
      A 勤務状況に関し、次のア、イ及びウのすべてを満たすこと。
          ア 現に実務に従事していること。
          イ 6年間の認定期間中のいずれかの時点で3年以上継続的に病院又は薬局に勤務して
           いること。
          ウ 更新申請の直近1年以上継続的に病院又は薬局に勤務していること。
      B 更新講習を受講していること。 更新講習は講習会形式の研とし、その内容は、薬学教育
       モデル・コアカリキュラ ムの主な変更点、薬剤師に求められる基本的な資質(講座カ
等とする。
         更新講習を受講できる者は、認定実務実習指導薬剤師の認定を受けた日から5年以上を
       経過した者。

    (2)認定申請
      ○提出書類等
       @更新申請書(別紙 認定実務様式1−2)  ※記載例はこちら
       A更新講習の受講証明書(正本)
       B履歴書(別紙 認定実務様式1−3)    ※記載例はこちら
         非常勤職員としての勤務については、1週間当たりの従事日数及び従事時間数がわかる
        ように記載する。
       C返信用通常はがき(認定通知書用) 通常はがき(従前の官製葉書のこと。私製葉書は不可。)
        に、宛先及び宛名を記載すること。
       E更新申請料振込明細の写し

       更新申請料の振込先、手数料は下記のとおりです。
         (1)振込先(郵便振込) 
           公益財団法人 日本薬剤師研修センター
              00130−5−119292
         :郵便局以外の金融機関からの振込の受取口座として利用する際は、
            次の内容をご指定ください。
 
            振 込 先  : 公益財団法人 日本薬剤師研修センター
            銀 行 名  : ゆうちょ銀行
            店   名 : 〇一九店 (読み:ゼロイチキュウ店)
            店   番 : 019
            預金種目 : 当座
            口座番号 : 0119292

 
        (2)更新申請料:5,143円(本体4,762 円+税381円)※振込み手数料は申請者の負担 

     ○申請書提出先:(財)日本薬剤師研修センター

     ※不明な点は、認定実務実習指導薬剤師認定制度実施要領でご確認ください。

Copyright (C) 2016 Saitama Pharmaceutical Association. All rights reserved.